財産分割相談

財産分割相談

  “争続”、“騒続”にならないために・・・
必要な対策をご提案いたします 。


相続対策
自社株評価
宅地評価
事業承継対策
保険の活用
納税資金対策
遺言の活用
相続税対策ばかりが相続対策ではありません。

相続対策とは、。。。。。
残されたご遺族があとの生活に支障がでないように。
皆様、仲良く暮らせるように。
会社を経営している方であれば、円滑に会社の運営が続けられるように

相続の際にも役立つ『エンディングノート』をご活用下さい。

相続試算についてはこちら ≫相続税無料試算

様々な後々のことまで、検討して対策をとっておく。。ということと考えます。
「うちは税額がでないから大丈夫」
「うちはもめることはないから大丈夫」

という声をよく聞きますが、残された遺族があとで困ることも多々あります。

例: 後々の世代で問題がでたケース
 
親の相続
土地の相続を兄弟平等に共有で分割した。
一世代下だと従兄弟同士がもつことになる
土地の利用について意見の相違がでてくる。
売買にしても賃貸等の利用についても意思統一がはかれない

例: 会社の経営で問題がでたケース
 
会社に経営者個人が運転資金を入れている
経営者の相続
子供は、貸付金という財産を相続することになる。
会社から返してもらえない状態でも相続税はかかる。

例: 第2次相続で税額が大きく発生したケース
 
第1次相続で配偶者にすべて相続させ、配偶者の税額軽減を使い、税額を抑えた
第2次相続
相続人が減ヘっていることもあり、同じ財産でも相続税の税率があがってしまった。
納税資金に困ってしまった。

例: 借入金がある場合の承継
 
借入が残りそうな場合、残らないようにする手立てを講じることはもちろんのこと、
残ってしまったときの、債務の承継、財産の承継についても考えておく必要があります。
借金があるから、全部放棄しなければいけないわけではありません。
相続してくれる人に迷惑がかからない対策をしましょう

当事務所では、個々の会社、家庭の事情に合わせた相続対策をご提案いたしております。