遺産分割協議書

遺産分割協議書

最近は、配偶者と子による相続だけでなく、兄弟姉妹、代襲相続人などによる相続も多くなってきました。
亡くなった財産の把握にひと苦労することもあります。
分割が円滑にいくように、相続財産目録の作成から分割協議書の作成までお手伝いさせていただきます。

遺言書が見つかったとき

亡くなったあと、遺言書があるかないかを確認する必要があります。
せっかく遺産分割協議が終わっても、遺言書が見つかった場合、やり直さなければならないこともあります。
自筆証書遺言、秘密証書遺言があった場合家庭裁判所で検認手続きを行って下さい。
見つけたときは、開封せず、検認手続きを行うようにして下さい。

相続財産目録

亡くなった方の財産調査を行い、相続人の皆様全員にわかりやすい財産目録を作成いたします。
預金、不動産などのプラスの財産、債務などのマイナスの財産を把握することで限定承認にするのか、相続放棄するのかなどの判断にもご利用いただけます。
また、相続税の申告が必要なのか大まかに判断することができます。

遺産分割協議書

作成を義務付けられているわけではありません。相続申告用、登記に必要な分のみ作成することもあります。
ただ、相続人の合意の証拠となるものですので、相続人の人数分用意しておき、手続きが終了したあと、各相続人が協議書を保管しておくことが望ましいです。

一般的な記載事項

@被相続人に関する事項 氏名、本籍、死亡年月日を記載
A財産の内容 財産の内容、取得する金額がわかるよう具体的に記載します。
預金であれば、銀行名、支店名、種類、金額不動産は所在、地目、構造、床面積、取得する持分を記載します。
債務・費用に関しても、誰がいくら負担するか記載します。
B相続人 住所、氏名を記載します。押印は実印で行います。
また、財産を取得しない相続人も署名押印の必要があります。

また、分割が終わったあとで財産が見つかることもあります。
この場合に備えて、協議書に記載されていない財産が見つかったときの取得者を記載しておくと、分割協議をやり直さずにすみます。(見つかった際は、相続人間で、協議、分割を行うものとする、とすることもできます。)

相続人同士だと、感情が先になって、お互い冷静になれないこともあります。
また、分割を進める人が相続人だと、その人の有利に進めるのではないかと疑問を持たれることもあります。
相続人の間に専門家が入って、第3者の調整役となることで感情的になることを防ぎ、円満に解決することが可能です。

親族間で紛争にならず、円満に分割を終えるということは、相続人の願いであると思います。
ぜひご相談下さい。